岐阜と言えば岐阜タンメン

岐阜と言えば岐阜タンメン

岐阜と言えば、何ですか?
金華山、鵜飼、鮎、合掌造り、下呂温泉。。。
と、たくさんありますが、そんな中に仲間入りしそうです。
その名も
岐阜タンメン!!!

店名 元祖タンメン屋 長良店
住所 岐阜県岐阜市下土居3-2-17
TEL 058-215-0102
営業時間 11:00~深夜3:00まで。
定休日 なし

 

『岐阜タンメンとは』

岐阜タンメンは関東地方の一般的なタンメンと違い、豚肉・白菜・キャベツ・にんにくから旨味を抽出し、塩味のスープと合わせたシンプルながら味わい深いオリジナルのタンメンです。岐阜タンメンの特徴は、好みの量で “辛味あん” が入れられます。豚肉と野菜の甘みにアクセントがつきます。また、卓上の “酢もやし” をタンメンに入れるとスッキリした味わいに変わります

『岐阜タンメンの由来』

岐阜タンメンは愛知県稲沢市で屋台から始まった「タンメン専門店 板谷」が前身です。(現:岐阜タンメン稲沢板谷店)
味には自信がありましたが、当時はまだ東海地方に「タンメン専門店」の文化がなく、お店は屋台でしかもタンメン。。。怪しくて知名度が無いお店は毎日閑古鳥でした。
流石にお客さんの少ない日が続き店を閉めようかと思っていた時に、岐阜県岐阜市に空き店舗が見つかったので、そこで店舗型のお店をしようと決めました。
それでダメなら完全撤退しようと思い、新たにお店の名前も「元祖タンメン屋」に変えて開店。
するとどうでしょう。たくさんのお客さんが来てくれてお店は存続、いつの間にか行列のできるお店になりました。
存続できたのは、たくさんの岐阜の人たちがお店に来てくれたおかげです。
日本の真ん中にある岐阜の人たちが支持して選んでくれたこのタンメンを、もっとたくさんの人に食べてもらいたい。 そして、このタンメンを食べるために、わざわざでも日本全国から岐阜にお客さんが来てくれるようになって、岐阜の方たちに恩返しが出来ればと思っています。
その思いから、「岐阜の人に感謝タンメン」 略して「岐阜タンメン」と名付けました。

もう大好きすぎて、週に1回は必ず食べてます。
座席数が17席と少ない為、店の外に常に行列ができていますが、店の回転が速いので待ち時間は意外と少ないです。

メニュー


一度も挑戦したことはありませんが、トッピングのクセが。。。
プロテイン、青汁。。。
絶対に入れたくないです。笑

まずは乾杯!!!

店内はこんな感じ

私が頼んだのはコレ!!

半チャンセット(野菜増し、3辛、麺固め)

妻と餃子を半分づつ

餃子も私の好きなタイプのやつ。
中の肉汁が旨い!!
タンメンは麺は細めで、標準でニンニクが割と効いてます。
野菜ってそこまで好きなタイプではないんですけど、ココのは本当に美味しくてトッピングは、いつも野菜増しです。

まぁ、何食べてもウマい。週1以上では通ってますが、一向に飽きません。むしろ、間が空くと禁断症状が。。。。。。。
替え玉もできます。最近は替え玉できるとこ増えてますが、岐阜のラーメン屋ってできるとこ少ないんですよね

こんな写真も

写真撮影をしてSNSで紹介してください。ってスタンス好きです。
たまにあるじゃないですか、写真禁止!って書いてあるとこ。。。。
なんで??宣伝してもらえるのに、禁止にするんだろう?

まとめ

岐阜の名物に認定します。
岐阜と言えば、金華山!鮎!合掌造り!長良川!飛騨牛!下呂温泉!
そして、岐阜タンメン!
今では岐阜、愛知に16店舗があります。岐阜県民としては岐阜だけで店舗を増やして欲しかったですが、確実に今後も店舗を拡大し、関東関西に進出するでしょう。
岐阜にお越しの際は、どうぞ。